HTML要素 索引

※このページは記事を掲載後、順次更新していきます。

A B C D E F H I K L M N O P Q R S T U V W その他

A

a
[11-1] 他のページにリンクしよう
[11-2] リンクの文字の色を変えよう(CSS使用)
[11-3] 同じページ内でリンクしよう
[11-4] 別のページの特定の箇所にリンクしよう
[11-5] 画像にリンクを貼ろう
[11-6] ボタン画像をロールオーバ時に変化させてみよう(CSS使用)
abbr
[29] <abbr>で略語を示そう
[30] 定義語を示す<dfn>を、<abbr>や<dt>と一緒に使おう
address
[17-1] HTML5の新要素でページ全体を組もう
[17-5] フッタを表す<footer>と、連絡先をまとめる<address>
area
[61] イメージマップ(リンク領域)を作ろう <map> <area>
article
[17-1] HTML5の新要素でページ全体を組もう
[17-2] セクションを表す要素(article, aside, section, nav)
aside
[17-1] HTML5の新要素でページ全体を組もう
[17-2] セクションを表す要素(article, aside, section, nav)
audio
[66] 音声をプラグイン無しで組み込もう <audio><source>
[67]「mediagroup属性」でメディア要素を同期させよう

B

b
[23] <b><i><small>もまだ使えます
base
[41] <base>でベースのURLを示そう
bdo
[34] 文字表記の方向を指定する要素<bdo>
blockquote
[28] blockquoteで「引用されたブロック」を示そう
body
[2] タイトル <title> を設定しよう
[13-1] サイトの背景に色をつけてみよう
[13-2] サイトの背景に画像を表示しよう
[13-3] サイト背景にCSS3で線形グラデーションをつけよう (CSS使用)
br
[5] テキストを改行(<br>)してみよう
button
[50] button要素で送信・リセット・汎用ボタンを自由に作ろう

C

canvas
[69-1] canvasにグラフィックスを表示する領域を作ろう
[69-2] canvasに基本的な図形を描こう
[69-3] canvasにいろんな線を描こう(線のスタイルも)
[69-4] canvasに画像を描画しよう(トリミングやクリッピングも)
[69-5] canvasにグラデーションやパターン、シャドウを指定しよう
[69-6] canvasにマウスの動きに合わせて描画しよう
  (クリックやマウスムーブとの組み合わせと Math.random)
[69-7] canvas上の重なった描画領域を指定しよう
  (globalCompositeOperationプロパティ)
[69-8] canvasでテキストを描画しよう
(ちょっとメモ)canvasで便利な javaScriptライブラリ
[69-9] canvasでグラフィックスの変形をしよう(拡大・回転・移動・反転など)
[69-10] canvasの描画の状態を保存・復元する save() と restore()
[69-11] canvasでビットマップを操作しよう(ビットマップの明度や色調の変更)
[69-12] canvasをサイトの背景に使おう
(ちょっとメモ)canvasサイズをCSS3のvw, vhで取得してみたけど...
[69-13] canvasで画像データをURLとして取得しよう
(ちょっとメモ)canvasでグラフを自動生成する「flotr2」が便利
[69-14] canvasのアニメーションの基本を見てみよう
(ちょっとメモ)API って何だ?(HTML5 の API について)
caption
[16-2] table にタイトルをつけよう(caption)
cite
[26] 参照先のタイトルを表す<cite>を使おう
code
[31-1] <code> と <pre> でソースを表示しよう
col
[16-6] table縦列グループ化(colgroup, col)
colgroup
[16-6] table縦列グループ化(colgroup, col)

D

datalist
[52] 入力候補のリストを作ろう<datalist>
dd
[15-3] 記述リストを作ろう( dl dt dd )
[15-4-3] リストでナビゲーション( その3 : dl要素でサイドメニュー)
defs
[70-2] SVGフィルターを使ってみた
del
[24] 追加を示す<ins>と、削除されたことを示す<del>を使おう
dfn
[30] 定義語を示す<dfn>を、<abbr>や<dt>と一緒に使おう
div
[7] <div>や<span>で特定の範囲を指定しよう
dl
[15-3] 記述リストを作ろう( dl dt dd )
[15-4-3] リストでナビゲーション( その3 : dl要素でサイドメニュー)
dt
[15-3] 記述リストを作ろう( dl dt dd )
[15-4-3] リストでナビゲーション( その3 : dl要素でサイドメニュー)
[30] 定義語を示す<dfn>を、<abbr>や<dt>と一緒に使おう

E

em
[21] 重要度を示す<strong>と強調を示す<em>を使い分けよう
embed
[64] プラグインで再生されるコンテンツを組み込もう <embed>

F

fieldset
[48] フォームの部品をグループ化して見やすくしよう<fieldset><legend>
figcaption
[36] コンテンツをまとめる<figure>と、そのキャプション<figcaption>
figure
[36] コンテンツをまとめる<figure>と、そのキャプション<figcaption>
filter
[70-2] SVGフィルターを使ってみた
footer
[17-1] HTML5の新要素でページ全体を組もう
[17-5] フッタを表す<footer>と、連絡先をまとめる<address>
form
[46] フォームでユーザにデータ送信してもらおう
[47] form要素で「送信先」と「送信方法」を指定しよう
[59] フォームの属性 逆引き一覧 (どの属性がどの部品に使えるか)
[60] フォームを美しく整えよう(CSS使用)

H

h1〜h6
[4] テキストに見出し(<h1>から<h6>)をつけてみよう
[17-3] セクションと見出しのルール(section, h1〜h6)
head
[2] タイトル <title> を設定しよう
header
[17-1] HTML5の新要素でページ全体を組もう
[17-4] ヘッダを表す<header>と、見出しをまとめる<hgroup>
hgroup
[17-4] ヘッダを表す<header>と、見出しをまとめる<hgroup>
*<hgroup>はHTML5の仕様から削除されることになりました。
hr
[35] 内容の区切りを示す<hr>要素
html
[1] テキストエディタで書いてみよう

I

i
[23] <b><i><small>もまだ使えます
iframe
[63] インライン・フレームで 他のHTMLファイルを組み込もう <iframe>
img
[9-1] 画像を表示しよう
[9-2] 画像にテキストを回り込ませよう(CSS使用)
[10] 絶対URLと相対URL
[14-2] GIFとJPEGの違い
input
[49-1] input要素でいろんな部品を作ろう (type属性の値や、その他の属性の一覧)
[49-2] input要素でテキストを入力してもらおう (text, search, tel, url, email, password)
[49-3] input要素で ラジオボタン や チェックボックスを作ろう (radio, checkbox)
[49-4] input要素で「時間」を入力してもらおう (datetime, date, month, week, time)
[49-5] input要素で「数」を入力してもらおう (number)
[49-6] input要素で「レンジ(割合)」を選んでもらおう (range)
[49-7] input要素で「色」を選んでもらおう (color)
[49-8] input要素でファイルを送ってもらおう (file)
[49-9] input要素で非表示のデータを送ろう ( hidden )
[49-10] input要素で送信ボタンやリセットボタンなどを作ろう (submit, reset, button)
[49-11] input要素で画像の送信ボタンを作ろう (image)
ins
[24] 追加を示す<ins>と、削除されたことを示す<del>を使おう

K

kbd
[32] その他のプログラム関連要素 <kbd>と<samp>と<var>
keygen
[58] 暗号鍵を作ろう<keygen>

L

label
[54] ラベルを付けて使いやすくしよう <label>
legend
[48] フォームの部品をグループ化して見やすくしよう<fieldset><legend>
li
[15-1] リストを作ってみよう ( ul (番号無しリスト))
[15-2] 番号付きリストを作ろう( ol )
[15-4-1] リストでナビゲーション( その1 : ul要素で )
[15-4-2] リストでナビゲーション( その2 : ナビを横に並べる )_(float使用)
[15-4-2-2] リストでナビゲーション( その2 : ナビを横に並べる )_(display使用)
link
[42-1] <link>で 外部CSSファイルの読み込み、グループ化をしよう
[42-2] link media=" " で 外部CSSをメディア別に切り替えよう
[42-3] link rel="alternate" で他言語サイトやモバイル版へ導こう
[42-4] <link>で「ショートカットアイコン」を付けよう

M

map
[61] イメージマップ(リンク領域)を作ろう <map> <area>
mark
[22] HTML5の新要素<mark>を使ってみよう( <strong><em>との使い分け)
meta
[45-1] <meta>で基本情報を指定しよう(まずは4つの属性について)
[45-2] <meta charset=" ">の設定で「文字コード」を指定しよう
[45-3] <meta name=" " content=" ">でサイトの情報を書こう
[45-4] <meta http-equiv=" " content=" ">で動作を指示しよう
meter
[56] 数量や割合のゲージを表示しよう <meter>

N

nav
[15-4-1] リストでナビゲーション( その1 : ul要素で )
[17-2] セクションを表す要素(article, aside, section, nav)

O

object
[62] 外部コンテンツを組み込もう <object> <param>
ol
[15-2] 番号付きリストを作ろう( ol )
optgroup
[51] セレクトメニューを作ろう <select><option><optgroup>
option
[51] セレクトメニューを作ろう <select><option><optgroup>
output
[55] 計算結果の出力欄を作ろう<output>

P

p
[6] テキストに段落 <p> を作って、ちょっとCSSを使ってみよう
param
[62] 外部コンテンツを組み込もう <object> <param>
pre
[31-1] <code> と <pre> でソースを表示しよう
[31-2] <pre>要素と同じ効果のCSS「white-space : pre」
progress
[57] プログレスバー(進捗状況)を出そう <progress>

Q

q
[27] <q>で引用文を示そう

R

ruby
[19] テキストにルビをつけてみよう(ruby, rt, rb, rp, rtc)
rb
[19] テキストにルビをつけてみよう(ruby, rt, rb, rp, rtc)
rp
[19] テキストにルビをつけてみよう(ruby, rt, rb, rp, rtc)
rt
[19] テキストにルビをつけてみよう(ruby, rt, rb, rp, rtc)
rtc
[19] テキストにルビをつけてみよう(ruby, rt, rb, rp, rtc)

S

s
(ちょっとメモ)u要素と s要素は復活(HTML5で廃止ではありません)
samp
[32] その他のプログラム関連要素 <kbd>と<samp>と<var>
script
[44] <script>でスクリプトを読み込む or HTMLに直接書く
section
[17-1] HTML5の新要素でページ全体を組もう
[17-2] セクションを表す要素(article, aside, section, nav)
[17-3] セクションと見出しのルール(section, h1〜h6)
select
[51] セレクトメニューを作ろう <select><option><optgroup>
small
[23] <b><i><small>もまだ使えます
source
[65] 動画をプラグイン無しで組み込もう <video> <source>
[66] 音声をプラグイン無しで組み込もう <audio><source>
span
[7] <div>や<span>で特定の範囲を指定しよう
strong
[21] 重要度を示す<strong>と強調を示す<em>を使い分けよう
style
[43] <style>で CSS を HTML内に書いてみよう
sub
[20] 上付き文字と下付き文字を使おう(sup, sub)
sup
[20] 上付き文字と下付き文字を使おう(sup, sub)
svg
[70-1] svg要素でベクターグラフィクスを埋め込もう
[70-2] SVGフィルターを使ってみた

T

table
[16-1] table(表)を作ろう(まずは基本の table, tr, th, td)
tbody
[16-5] table横列グループ化(thead, tbody, tfoot)
td
[16-1] table(表)を作ろう(まずは基本の table, tr, th, td)
[16-7] テーブルセルで使う scope属性と headers属性について
textarea
[53] 文章 (複数行のテキスト) を入力してもらおう <textarea>
tfoot
[16-5] table横列グループ化(thead, tbody, tfoot)
th
[16-1] table(表)を作ろう(まずは基本の table, tr, th, td)
[16-7] テーブルセルで使う scope属性と headers属性について
thead
[16-5] table横列グループ化(thead, tbody, tfoot)
time
[25] 新しい要素<time>で正確な日時を記述しよう
title
[2] タイトル <title> を設定しよう
tr
[16-1] table(表)を作ろう(まずは基本の table, tr, th, td)
track
[68] 動画や音声に字幕やキャプションを表示しよう <track>

U

u
(ちょっとメモ)u要素と s要素は復活(HTML5で廃止ではありません)
ul
[15-1] リストを作ってみよう ( ul (番号無しリスト))
[15-4-1] リストでナビゲーション( その1 : ul要素で )
[15-4-2] リストでナビゲーション( その2 : ナビを横に並べる )_(float使用)
[15-4-2-2] リストでナビゲーション( その2 : ナビを横に並べる )_(display使用)

V

var
[32] その他のプログラム関連要素 <kbd>と<samp>と<var>
video
[65] 動画をプラグイン無しで組み込もう <video> <source>
[67]「mediagroup属性」でメディア要素を同期させよう

W

wbr
[33-1] 改行可能位置を示す <wbr> を使ってみよう

その他

記号 / HTML要素以外
[3] !DOCTYPE宣言をしよう
lang="ja" →HTML文書の言語コード( [3] !DOCTYPE宣言をしよう)
meta charset=" " →HTML文書の文字エンコーディング( [3] !DOCTYPE宣言をしよう)
[8]コメントを入れよう( <!-- --> HTMLのコメント
[10] 絶対URL と 相対URL
[12-1] CSSを外部ファイルにしよう
[12-2] なんでHTMLとCSSはセットなの?(ウェブのアクセシビリティ)
画像形式(GIF, JPEG, PNG)([14-2] GIFとJPEGの違い)
[14-3] コンピュータ上の単位(ビット、バイト、メガ、ギガ)
[14-4] 色指定について(16進数, 色名, 10進数, HSL, accessibility)
[37] HTML5要素の「カテゴリー」を見てみよう(「カテゴリー」と属する要素一覧)
[38-1] 「コンテンツ・モデル」で要素のルールを見てみよう
[38-2] 「コンテンツ・モデル」一覧
[39] 全要素に使える「HTML5グローバル属性」を見てみよう
[40] メタデータ・コンテンツって何?
target属性(「[41] base でベースの URL を示そう」の後半)
正規表記 → pattern属性でマッチング( [49-1] input要素でいろんな部品を作ろう)
フォームの属性 逆引き一覧 →( [59] どの属性がどのフォーム部品に使えるか)
[60] フォームを美しく整えよう(CSS使用)
ちょっとメモ・余談
MTSのフォーマット変換で手こずって
トラッキングクッキーの無効化
IE6〜8に HTML5の新要素を理解させるオープンソース
CSS3やHTML5の主要ブラウザの対応状況をまとめた HTML5 & CSS3 Support
CSS3の「ベンダープレフィックス」について
IEにもCSS3の機能を使えるようにする「CSS3 PIE」
HTML5情報サイト「HTML5.jp」
HTML5で廃止される要素一覧
HTML5の文法チェックサイト
MIMEタイプ
<link>よりスマートな CSSの @import @media
index.html という名のファイル(デフォルトドキュメント
文字コード, 文字集合, エンコードについて(1)2進法、ビットとバイト、JIS
文字コード, 文字集合, エンコードについて(2)Shift_JIS、Unicode、UTF-8
「メタ」ってなによ?
「Try it yourself」が便利な「w3schools.com」
整理しよう。フォームのプッシュボタン比較( <input> <button> )
HTML5 での 省略可能なタグについて
属性の「引用符」や「値」の省略について
SyntaxHighlighter 3.0.83 の使い方
WordPressプラグイン SyntaxHighlighter Evolved の使い方
canvasで便利な javaScriptライブラリ
StatCounter でブラウザのシェアを調べる
API って何だ?(HTML5 の API について)
FC2ブログで OGP設定(Facebook, Twitter Cardsも)OGP設定の基本ソース
関連記事
この記事をはてなブックマークに追加

やる気を保つためにランキングに参加しています。
応援してくださると すっごいやる気を出します! (笑)

初心者にも使いやすい(と思う)レンタルサーバー

最近よく「レンタルサーバーはどこがいい?」とご質問が来ます。
自分でも使っていてオススメなのはミニバード。管理画面がわかりやすくていい感じす。
仕事で使ってるロリポップもわかりやすい管理画面で、初めてでもすんなり使えると思います。
両方とも、なんといっても料金が安いです。初めてだとなるべく安いほうがイイですからね。

それよりちょっと料金は高いけど、高スペックでコスパが良く、信頼性も高いサーバといえば、やはりさくらのレンタルサーバと、XSERVER(エックスサーバー)だと思う。この2つは老舗でユーザーも多いので、質問する場がたくさんあり、初心者の方でもイケるだろうと思います。

レンタルサーバーは、たくさんあり過ぎて迷いますよね。近いうちに、初心者にも良さげなサーバーについて記事にまとめます。*記事をアップしたらココにもリンクを貼ります。

テーマ : webサイト作成
ジャンル : コンピュータ

スポンサーリンク

スポンサーリンク
最新記事
Category
オススメの本
Links
Calendar
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Archive
RSS Link
Profile

yuki★hata

Author : yuki★hata
せめて月1回の更新をめざします~。

メールフォームはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copyright © ほんっとにはじめてのHTML5とCSS3 All Rights Reserved.