(ちょっとメモ)API って何だ?(HTML5 の API について)

最終更新日:2019年02月06日  (初回投稿日:2015年07月10日)

HTML5について調べていると、よく API というコトバを目にします。

「APIとは」でググると、いろいろ出てきます。(画像は2015年7月時点)

HTML5を勉強し始めた頃は、API の解説を読んでもピンとこなかったのですが、この「ほんっとに...」で、今まで実験してきた中にも、HTML5のAPI を利用したモノがあったんです。今さらビックリ。

例えば、<canvas>要素で「<canvas>のために、あらかじめ用意されているjavaScriptのメソッド」なんて呼んでたヤツが「Canvas API」と言われるモノなんだって。
fillRect() とかね。fillRect() を使えばブラウザはちゃ〜んと四角を描いてくれる。それが API 。
知らない間に使っていたのね API。すごいぞ API !
というわけで、今回は API について調べてみました。
いろんなAPIへのリンク集です。

本日のINDEX
  1. で、結局 API って何なの?
  2. へ〜、こんなにあるんだ! 企業が提供している いろんなAPI
  3. HTML5 で提供されている API
    1. 今までやった中で、HTML5のAPI を使っているもの
    2. そのほかの HTML5 の API(抜粋)

で、結局 API って何なの?

すごく簡単に言えば「みんなで共有できる仕様(ソースコード)」だと思って良いのではないかな。簡単すぎるけど。

API は「Application Programming Interface」の略。
直訳すると「アプリケーションをプログラムする時のインターフェイス」といったかんじ。

Interface(インターフェイス)は、ハードウェアでの意味なら、キーボードやマウス、音声入力のマイク、ディスプレイに表示されるボタンなどのことですが、
ソフトウェアでの意味 ならデータをやり取りするために決められた規格や仕様を言うのだそうです。

エンジニアが、何でも一(いち)からソースを書いたら、時間やコストが膨大ですよね。しかもそのエンジニアしか編集できない。ユーザも、各サービスによって操作がぜんぜん違うと戸惑います。
ですが、あらかじめ決められたソースがあってそれを共有できれば、
時短だし省コスト。しかもエンジニアじゃない人でも比較的手軽に使える。ユーザも統一された使い方でわかりやすい。
これがAPI の利点ではないでしょうか。

へ〜、こんなにあるんだ! 企業が提供している いろんなAPI

で、じゃあ具体的な API って、どんなものがあるんだろう? 
と調べてみたら、あるある、い〜っぱいある。企業などが開発したAPIがこんなに提供されていたんですね(しかも、ほとんど無償です) 知らんかった!
なかでも興味を持ったものをご紹介します。(以下は2015年7月時点の情報です)

図書館 API
図書館検索サイト「カーリル」が提供するAPI。
サイト上で図書館に蔵書があるかなどを検索させたいときに。
Amazon Product Advertising API
アマゾンの商品広告をサイトに表示するためのAPI。アフィリ用ですね。
Hatena Developer Center
「はてなブックマーク」などの、はてなが持つ情報・機能を利用できる API がたくさん。
Google Maps API
Google Mapの位置情報や地図アプリの作成などを提供してくれています。
YouTube API
YouTubeの動画や機能を自分のサイトに組み込むことが可能。wordpress用のプラグインも出てるんだって。
Yahoo!デベロッパーネットワーク
Yahoo! が提供しているいろいろなAPI を使えます。
Twitter API
ツイートの参照や検索などの機能をサイトで使えるようにできるんだそうな。
使い方はWebNAUTさんの「TwitterAPIを使ってつぶやきデータを取得してみた。」を。
お天気Webサービス
「Livedoor天気情報」が提供しているAPI。お天気情報が取得できます。
楽天 WEB SERVICE
楽天市場、楽天ブックス、楽天トラベルなど、楽天グループのたくさんあるサービスの、データや機能を使えるAPI がいっぱい。
docomo Developer support
ドコモが提供する、画像認識、発話理解、音声合成などのAPIが利用できます。

こんなサイトもみつけた。「日本で公開されている API 一覧(2013年版)
2013年のモノですが、ご参考までに載せておきます。

HTML5 で提供されている API

HTML5のAPI は、javaScript を使うものがほとんどだそうです。
それをHTML5の要素や属性と一緒に使うことで、
・今までデスクトップアプリケーションじゃなければ不可能だったことや、
・高度な技術を持つエンジニアじゃないと無理だったことが、
比較的簡単にブラウザ上で表現 できるようになったんだって。画期的ですよね。
確かに、canvasだけを見ても、非エンジニアでも何とか使えます。これもAPIが恩恵ですね。

今までの「ほんっとに...」の記事で、HTML5のAPI を使っているもの

けっこうあったのでビックリです。

そのほかの HTML5 の API(抜粋)

リンク先は、いろいろ見た中で参考になりそうな「解説サイト」です。

Web Storage
データ(ログイン情報、入力情報、ECサイトのカート情報など)を、cookieに替わって、ユーザーのPCに保存するモノだそうです。容量も大きく、有効期限も無く、セキュリティもcookieより高いんだって。
File API
ユーザのローカルファイルとやり取りするためのAPI。
ユーザがブラウザ上で、自分のPC内のファイルを見たり編集したり、アップロードする画像のプレビューを作ったりできるそうな。送られる側も、アップロード時にファイルのタイプを識別したり、ファイルサイズを制限したりすることもできるんだって。
<input type="file"> で使うんでしょうな。
Geolocation API
GPSなどの位置情報を扱えるAPI。全デバイスで位置情報を取得できるって。
GPSが搭載されていない普通のPCでも、WiFi や IPアドレスなどから位置情報を取得するんだそうです。
Web Speech API
音声認識とテキストスピーチのためのAPI。 ユーザーがしゃべった内容を文字にしたり、入力した文字列をPCが発音してくれるモノだそうです。
関連記事
この記事をはてなブックマークに追加

やる気を保つためにランキングに参加しています。
応援してくださると すっごいやる気を出します! (笑)

テーマ : webサイト作成
ジャンル : コンピュータ

tag : HTMLソース HTML5 API

初心者にも使いやすい(と思う)レンタルサーバー

「レンタルサーバーはどこがいい?」とご質問をよくいただきますが、自分でも使っていてオススメなのは スターサーバー (ミニバードがスターサーバになりました)。管理画面がわかりやすくていい感じす。
仕事で使ってるロリポップ!もわかりやすい管理画面で、初めてでもすんなり使えます。
両方とも、なんといっても料金が安いです。

ちょっと料金は高いけど、高スペックでコスパが良く、信頼性も高いサーバといえば、やはりさくらのレンタルサーバと、エックスサーバー 。この2つは老舗でユーザーも多いので、質問する場がたくさんあり、初心者の方でもイケるだろうと思います。

スポンサーリンク

コメントの投稿

ご注意:メールアドレスは書かないで
「コメントを送信する」ボタンを押した後の「確認画面」で、メールアドレス・URL などを入力できるようになっており、メールアドレス・URL は、そのままオートリンクになる仕様です。
当方でメールアドレスだけ削除することも、メールアドレスを非公開にすることもできません
メールアドレスは書かないでください。詳しくはこちらにまとめましたのでご覧ください。

スポンサーリンク
最新記事
Category
オススメの本
Links
Calendar
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Archive
RSS Link
Profile

yuki★hata

Author : yuki★hata
せめて月1回の更新をめざします~。

メールフォームはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copyright © ほんっとにはじめてのHTML5とCSS3 All Rights Reserved.