(ちょっとメモ)「メタ」ってなによ?

だいぶさぼって間が空いてますね。。。(本業が忙しい〜というのは言い訳で、集中力が無くてこっちまで手が回らなかった、、というのがホント。しかし!これから頑張りますよ〜)

さて、メタデータなどと、習慣的に使っていますが、結局「メタ(meta)」ってなんなんだろう?
と気になって調べたので、今回はそれをメモっておきます。

メタとは?

メタ(meta-)とは、ギリシャ語由来で 「超−」「高次−」「−の後ろ(次の)」「−を含む」などの意味を持つ英語の接頭辞だそうです。
「何らかの事柄を対象とする、同種の事柄」の頭に「メタ」を付けるんだって。

HTMLでのメタデータは「HTML(これもデータ)についてのデータ(著作者などの色々な情報)を示した」ものだから「メタデータ」って言うとのことです。

HTMLだけでなく、コンピュータ関連では、どんなデータファイルにも「作成日時、作成者、データ形式、タイトル、注釈」などの「メタデータ」が付いてるんだそうです。
データの編集管理・検索に役に立つから。

例えば、テキスト、写真、動画ファイルなどを保存するとき、まずファイルの先頭に「メタデータ」を格納し、そのあと「データ本体」を格納するようになってるんだって。なるほどね。

ちなみに、メタ(meta-)の接頭辞がつくコトバって、調べたら他にもいろいろありました。
例えば、
●「メタ言語」= ある言語を表現するための言語。(英和辞書の内容みたいなことかしらん?)
●「メタフィクション」= フィクションの中で、これはフィクションだと読者(観客)に意識させる技巧だそうです。

それなら「メタデータ・コンテンツ」と <meta>要素の区別は?

以前にこのサイトで出てきた「メタデータ・コンテンツ(<title> <base> <link> <style> <script>)」は、ぜーんぶHTMLに関する「メタデータ」を指定するためのもの。
で、<meta>要素は、ハッキリ言って、この<title> <base> <link> <style> <script>で指定できない「メタデータ」を扱う要素なんだそうです。
ま、それだけの事でよかった〜。

次回予告

次回からやっと(笑!)、フォーム関連の要素についてまとめます。
HTML5からフォーム関連が色々新しくなりました。

関連記事
この記事をはてなブックマークに追加

やる気を保つためにランキングに参加しています。
応援してくださると すっごいやる気を出します! (笑)

初心者にも使いやすい(と思う)レンタルサーバー

最近よく「レンタルサーバーはどこがいい?」とご質問が来ます。
自分でも使っていてオススメなのはミニバード。管理画面がわかりやすくていい感じす。
仕事で使ってるロリポップもわかりやすい管理画面で、初めてでもすんなり使えると思います。
両方とも、なんといっても料金が安いです。初めてだとなるべく安いほうがイイですからね。

それよりちょっと料金は高いけど、高スペックでコスパが良く、信頼性も高いサーバといえば、やはりさくらのレンタルサーバと、XSERVER(エックスサーバー)だと思う。この2つは老舗でユーザーも多いので、質問する場がたくさんあり、初心者の方でもイケるだろうと思います。

レンタルサーバーは、たくさんあり過ぎて迷いますよね。近いうちに、初心者にも良さげなサーバーについて記事にまとめます。*記事をアップしたらココにもリンクを貼ります。

スポンサーリンク

コメントの投稿

スポンサーリンク
最新記事
Category
オススメの本
Links
Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Archive
RSS Link
Profile

yuki★hata

Author : yuki★hata
せめて月1回の更新をめざします~。

メールフォームはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copyright © ほんっとにはじめてのHTML5とCSS3 All Rights Reserved.