(余談です)まだ確定申告…やっと書き終わりました!

3月23日だというのに、まだ確定申告やってて…、やっと今、全部書き上げました!
月曜日に税務署に提出に行きます。は~。

普通にいつもの確定申告の準備はしてたんですよ。2月末から。
そこへ、マンションを売ったときの「譲渡所得の申告も必要」とわかって。今に至るってわけです。

前のマンションを売った時「そのうち税務署からお知らせが来る」と仲介業者から聞いてたのですが、なんにも来ませんでした。引っ越してから1年経っているんですけどね。

それ以前に「確定申告で処理する」ってことを知らなかった。
知らないことを偶然に知った私はラッキーかも。
知らないまま、あとから税金を取られる人もいるんじゃないかな?
ウチは譲渡益が出たけど、譲渡損失が出た人も、確定申告すると還付金があるそうですよ。
って知ってた? 私はまったく知らなかった。この辺のことは、どこでどう告知してるのかな?

前のマンションを売ったのは、売買契約は平成22年9月、引き渡しが23年1月。
22年の確定申告はしちゃってます。そのため「3,000万円の控除を受けられない」と最初の電話相談(by税務署)で言われて! 「終わったな」って思った。どえらい額の所得税。ねーし、今そんな金。

税務署に必死で相談し、結局「引渡しの日」が「譲渡の日」になりえると教えてもらいました。
なので、平成23年分の確定申告でOKと。お~、まじでヤバかった。ほんっとに良かった。

でもね、いつもの確定申告書類以外に「譲渡所得の内訳書」「第3表分離課税用」を分けて書く必要があり、しかも夫婦で物件を共有してたので、夫婦それぞれの分を書くんです。

で、思うのは、
控除があるため納める税金は無い。それでこんなたくさんの書類を書くとは。もっと簡略化した方法を構築できないのかな?ってこと。
書くほうも大変だけど、これを処理する税務署の人件費等の費用も大変。しかもそれってウチらの税金で賄っているんじゃん。まったくムダ。

税務署に相談に行ったときに「何かしら(譲渡所得に関する)連絡があるのかと思っていました」と言ってみた。
すると担当者は、「ハガキで順次お知らせしてるんですけどね。」とのこと。
ただ「順番にお送りしているので、時間がかかる場合があります。」また、「譲渡益が出ているかどうかは、税務署で把握できない。」ということでした。
ほんとかなあ。

税金に関わることは、つねに耳を澄ませていなくてはダメだ!と再認識した出来事でした。

関連記事
この記事をはてなブックマークに追加

やる気を保つためにランキングに参加しています。
応援してくださると すっごいやる気を出します! (笑)

初心者にも使いやすい(と思う)レンタルサーバー

最近よく「レンタルサーバーはどこがいい?」とご質問が来ます。
自分でも使っていてオススメなのはミニバード。管理画面がわかりやすくていい感じす。
仕事で使ってるロリポップもわかりやすい管理画面で、初めてでもすんなり使えると思います。
両方とも、なんといっても料金が安いです。初めてだとなるべく安いほうがイイですからね。

それよりちょっと料金は高いけど、高スペックでコスパが良く、信頼性も高いサーバといえば、やはりさくらのレンタルサーバと、XSERVER(エックスサーバー)だと思う。この2つは老舗でユーザーも多いので、質問する場がたくさんあり、初心者の方でもイケるだろうと思います。

レンタルサーバーは、たくさんあり過ぎて迷いますよね。近いうちに、初心者にも良さげなサーバーについて記事にまとめます。*記事をアップしたらココにもリンクを貼ります。

テーマ : 日記・日誌
ジャンル : コンピュータ

スポンサーリンク

コメントの投稿

スポンサーリンク
最新記事
Category
オススメの本
Links
Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Archive
RSS Link
Profile

yuki★hata

Author : yuki★hata
せめて月1回の更新をめざします~。

メールフォームはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copyright © ほんっとにはじめてのHTML5とCSS3 All Rights Reserved.