[40] メタデータ・コンテンツって何?

メタデータ・コンテンツ とは、HTML文書の「情報」を指定する要素群です。
<title> <base> <link> <style> <meta> <script> <noscript> <command> があります。
ほとんどのメタデータ・コンテンツは<head>〜</head>に書き、ブラウザで表示されません。
本文中(<body>の中)に書く要素もありますが、他の要素の見た目や動作を指定します。

*<command>要素は、HTML5.0 の仕様から除外され、5.1の策定にも入っていません。
 <command>要素のかわりに<menuitem>要素が策定中だそうです。(2015年7月追記)

これらをきちんと書かないと、
「外部CSSのリンク切れで見た目が変」「Javascriptが動作しない」「検索しても出てこない」など、根本的な悩み(?笑)の原因になってしまいます。

[37] HTML5要素の「カテゴリー」の、
分類図の下の方に「メタデータ・コンテンツ
(Metadata content)」
がありましたね。

これまでにも、2回ほどメタデータ・コンテンツを使っています

このブログの初期の段階で、メタデータ・コンテンツの <title>要素をすでに紹介しています。
[2] タイトル<title>を設定しよう 
<title>とはサイトのタイトル。SEO的に重要です。ぜひ読んでね。(今回は重複しちゃうから、もう紹介しませんね。)

そしてそのすぐ次の回に、<meta>要素を少しだけ紹介ています。
[3] !DOCTYPE宣言をしよう の後半で、下記のような指定をしました。

<head>
<meta charset="Shift_JIS">
</head>

これは<meta>要素に「charset属性」をつけて文字のエンコーディング(ここでは Shift_JIS )を指定しています。

この<meta charset=" ">と<title>が、最低限必要なメタデータ・コンテンツだろうと思い、当時はこれだけ紹介しました。
ほかにも重要な要素があります。まずは下記の一覧をご覧ください。

メタデータ・コンテンツの一覧

各メタデータ・コンテンツ要素の役割をざっと一覧にしました。

<title> HTML文書のタイトルを示す要素。
SEO (Search Engine Optimization)的に重要。<h1>より上位。
ブラウザのブックマークやヒストリーにも表示されるので重要。なので、1HTMLに1個だけ。

[2] タイトル<title>を設定しよう
<base> そのHTMLファイルの相対URLのベースとなる絶対URLを指定。
[41] base でベースの URL を示そう
<link> 外部ファイル(css, pdf, html)を読み込ませる。
[42-1] link で外部CSSファイルの読み込み、グループ化をしよう
[42-2] link media=" " で 外部CSSをメディア別に切り替えよう
(ちょっとメモ)link よりスマートな CSSの @import と @media
[42-3] link rel="alternate" で他言語サイトやモバイル版へ導こう
[42-4] link で「ショートカットアイコン」を付けよう
<style> CSSを直接HTMLに書く。
[43] style で CSS を HTML内に書いてみよう
<script> 外部スクリプト(主に Javascript)を読み込ませる。
[44] scriptでスクリプトを読み込む or HTMLに直接書く
<noscript> ブラウザが<script>をOFFにしているとき、代替コンテンツを表示する。
[44] scriptでスクリプトを読み込む or HTMLに直接書く
<meta> 上記の要素で指定できないものを担当。
[45-1] metaで基本情報を指定しよう
[45-2] <meta charset=" ">の設定で文字コードを指定しよう
[45-3] <meta name=" " content=" ">でサイトの情報を書こう
[45-4] <meta http-equiv=" " content=" ">で動作を指示しよう

次回予告

というわけで今回はインデックスだけ。
次回から「メタデータ・コンテンツ」を順に見て行きます。
次回はまず、<base>要素で、HTMLファイル内の「リンクの基準(ベース)」を作りましょう。

関連記事
この記事をはてなブックマークに追加

やる気を保つためにランキングに参加しています。
応援してくださると すっごいやる気を出します! (笑)

初心者にも使いやすい(と思う)レンタルサーバー

最近よく「レンタルサーバーはどこがいい?」とご質問が来ます。
自分でも使っていてオススメなのはミニバード。管理画面がわかりやすくていい感じす。
仕事で使ってるロリポップもわかりやすい管理画面で、初めてでもすんなり使えると思います。
両方とも、なんといっても料金が安いです。初めてだとなるべく安いほうがイイですからね。

それよりちょっと料金は高いけど、高スペックでコスパが良く、信頼性も高いサーバといえば、やはりさくらのレンタルサーバと、XSERVER(エックスサーバー)だと思う。この2つは老舗でユーザーも多いので、質問する場がたくさんあり、初心者の方でもイケるだろうと思います。

レンタルサーバーは、たくさんあり過ぎて迷いますよね。近いうちに、初心者にも良さげなサーバーについて記事にまとめます。*記事をアップしたらココにもリンクを貼ります。

スポンサーリンク

コメントの投稿

スポンサーリンク
最新記事
Category
オススメの本
Links
Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Archive
RSS Link
Profile

yuki★hata

Author : yuki★hata
せめて月1回の更新をめざします~。

メールフォームはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Copyright © ほんっとにはじめてのHTML5とCSS3 All Rights Reserved.